トップページ平成26年度イベント・研修案内展示関連講座 > 交流展示関連講座


徳島県立図書館 × 兵庫県立図書館  交流展示関連講座

江戸時代 四国遍路のセーフティネット

今から1200年前、平安前期の弘仁6(815)年に弘法大師が開創したといわれる四国八十八ヶ所霊場。
これらの霊場をめぐる四国遍路に、現在でも多くの巡礼者が訪れています。
四国遍路の歴史のなかで、多くの民衆が参加するようになった江戸時代、徳島藩がとった遍路保護政策などについて、
残された古文書をもとにひも解きます。

平成27年 2月28日(土)13:30〜15:00       ちらしは こちら(PDFファイル:785KB) をご覧ください

講師:徳野 隆 氏(徳島県立文書館 古文書担当課長補佐)
定員:40名(先着順受付、参加いただけない場合のみ連絡します)   参加費:無料
会場:兵庫県立図書館 第2研修室 (明石市明石公園1-27)
申込方法 電話、FAX、郵送、来館時いずれもお申込みできます
こちらのフォームからもお申込みできます
申込み先 〒673-8533 明石市明石公園1番27号
兵庫県立図書館
電話 078-918-3366(代表)
FAX 078-918-2500

交流展示 〈四国遍路〉の世界−開創1200年を迎えて−
平成27(2015)年2月20日(金)〜4月15日(水)
兵庫県立図書館 大閲覧室・ロビーギャラリー