兵庫県立図書館平成24年度イベント・研修案内>兵庫県子どもの読書活動推進連絡会

平成24年度兵庫県子どもの読書活動推進連絡会

テーマ:公共図書館と学校支援

平成25(2013)年3月7日(木)13:00〜16:30

県内の図書館・ボランティア・学校関係者等が一堂に会し、各々の取組発表や意見交換などを行うことにより、兵庫の子ども読書活動推進の取組を活性化し、さらには関係団体のネットワークの強化・拡大を目指します。

「子どもの読書活動優秀実践団体の取組発表」に加え、「公共図書館と学校支援の先進事例紹介」、分科会形式の「情報交換会」も行います。読書活動推進のためのヒントが盛りだくさんですので、この機会を利用して、新しい情報とネットワークを手に入れて下さい!

内容

主催:兵庫県立図書館 後援:兵庫県教育委員会、兵庫県学校図書館協議会

会場:兵庫県立図書館1階第2研修室(JR・山陽電鉄「明石駅」北800m)

対象:図書館等職員、学校図書館担当教職員、読書ボランティア団体

定員:50人(先着順)

申込みについて
申込方法 氏名と連絡先(電話、FAX、Emailなど)を電話、FAX、来館などでお申込みください。
先着順受付、参加いただけないときにはご連絡します。
申込み先 〒673-8533明石市明石公園1番27号
兵庫県立図書館協力課
電話 078-918-3366(代表)
FAX 078-918-2500
こちらのフォームからも申込みできます


取組発表者の紹介
発表者 特色
西宮市立夙川小学校 平成24年度子どもの読書活動優秀実践団体として、文部科学大臣表彰を受賞。
「楽しい読書ノート」の活用、図書館ボランティアによる各学級への読み聞かせ会、図書委員児童によるクイズラリー、教職員によるおすすめ本紹介の掲示、大型紙芝居の読み聞かせや学級読書会など、司書教諭を中心に学校全体で読書興味の誘発・読書技術の習得・読書習慣の形成に取り組んでいる。
加古川市立中部中学校 本を探しやすく、落ち着いて本を読むことができるよう、室内のレイアウトを一新。図書室を「こころ安らぐ空間」として開館中にBGMを流したり、「ほんわかサロン」と題してイベントを定期的に開催している。
朝の読書の継続的な取組により、日々の学習活動にも落ち着いて取り組む環境をつくり出している。
洲本市立洲本図書館 平成24年度子どもの読書活動優秀実践図書館として、文部科学大臣表彰を受賞。
0歳児から小学生まで、それぞれにあったおはなし会やおりがみ教室などを開催。
図書館の見学会(随時)、団体貸出(1団体40冊まで)、司書の出張による読み聞かせ・図書室運営の方法等の指導など、市内の学校等との連携を実施している。


豊中市教育委員会読書振興課の紹介
  豊中市における公共図書館と学校との連携・協力関係は、学校司書の配置が進み子どもたちの読書環境の充実が図られるなかで、「公共図書館としてできる資料・情報の提供・支援とはなにか」を模索しながら築かれてきた。図書館見学、職業体験学習、ブックトークの実施・協力をはじめ、学校図書館の蔵書の補強を目的とした長期貸出の実施、学校司書との情報交換会開催、図書・情報授業への参加、新任学校お司書研修、そして平成21(2009)年度には初めて司書教諭への研修にも関わり支援内容が広がっている。
平成23年度より、読書振興課を設置し、現在は「読書活動日本一の取組みの推進」を掲げ、蔵書の充実、学校図書館と公立図書館の連携を図るために、「とよなかブックプラネット事業(※)」を実施している。
   ※「とよなかブックプラネット事業」・・・児童生徒の読書活動を推進し、自ら学ぶ力を育成することを目的とし、学校図書館と公共図書館の蔵書を一体的かつ効果的に活用する環境を整備する事業。平成23年度より事業設計を実施し、平成25年度までの3年間を目途として取組んでいる。